FC2ブログ
ごぼうかえるのTOKIの世界!
皆に元気を与えたい! 前向き楽しいブログを目指す(*^.^*) 口蓋裂の娘ちゃんと軽いADHD、軽いチック症状を持つ旦那と楽しくのんびりな日常をドールちゃん達が紹介する! 独自世界の幻想日本神話、自作小説書いています! 神と人形と人間と霊、そして『K』の季節感じる幻想データ世界TOKIの世界へようこそ! 和風SF日本神話の世界です( ´∀`)
ハムちゃんは気楽です笑
小説家になろう(表紙絵、挿絵、キャラ絵紹介付き)
TOKIの世界長編http://ncode.syosetu.com/s3277c/
TOKIの世界短編http://ncode.syosetu.com/s0371d/


星空文庫(表紙絵、キャラ絵紹介付き)
http://slib.net/a/8401/

で小説を書いております

二歳七ヶ月あおじいは今日もじいさんを満喫中でした。


なんだか亡くなった私の祖父のように思えてきました笑。
いつも野球中継のラジオ聞きながら仏のように寝てたなあ…。
寝てる感じが似とる。

こんな感じだろうか↓

「ごはんだよー。」
飯の声がする…。
そういえば腹が減った。

だがまだ寝ていたい。
今の気持ちを例えるならヒマワリの種かリンゴかを選んでいる感じか。

まあ、出ていかなくても両方入れてくれるだろうが。

むっ…。玄関が騒がしい。
なにごとだ?

うぐっ…腰が…。
もう年だな。

で、何事だ?

なぬっ!?

飯をくれるあれが玄関をかき回しているだと!?

肌色の触手が我が家の玄関をまさぐり、私お手製の防寒具を引っ張りだしよる!

また…外に出て愛嬌を見せねばならぬのか…。勘弁してくれ。おじいちゃんなんだぞ。

「あおじー?出てこーい!死んでるの?」

やつはいつも失礼な言い方で私の眠りを妨げるのだった。

我輩はあおじいである。
名前はあおじいである。笑

今日のあおじいと私の行動でした笑

しろきちは今日もハイテンションだな。



だからいつも何してるの?笑

小説は視界の月夜が最終話をむかえます!
よろしくね!笑
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
https://goboukaeru2.blog.fc2.com/tb.php/431-a2e6455b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック